ホワイトニングのすすめトップページ

SensAble Dental Lab System

SensAble Technologiesは、ソフトウェアと3Dタッチ対応モデリングシステムと触覚デバイスとOpenHapticsツールキットのPHANTOMRラインを含め、 デジタルの世界に触覚(ハプティック)を追加するデバイスを提供しています。 SensAble Dental Lab System (センサブルデンタルラボシステム)は、3次元スキャン、デザイン、出力(3次元プリンター)からなる歯科技工所向けの統合システムです。歯科技工業界では初となる「金属床」の設計ができるシステムです。もちろん、クラウン/ブリッジの設計も可能です。 また、、3次元触覚デバイス(ファントム)と呼ばれる装置ががシステムに組み込まれており、コンピューターで設計しているにも関わらず、手でワックスアップしているかのように設計を行えます。 設計時には通常のマウスは使用しません。インスルメントとの変わりに、この3次元触覚デバイス(ファントム)を用い、コンピューター上の3次元データに、デジタルワックスを盛る、削ることが自由にできます。 デジタル設計でのメリットでもある「高精度な設計」と歯科技工士さんの「ノウハウ、テクニック」をスムーズにデジタルへ移行できる「デジタルワックスアップ」システムです。

クリニックに必要な3D技術

各種反力デバイス+開発ツールキットで様々なアプリケーションの開発が可能。 手術シミュレーション、CAD内でのアセンブルシミュレーション、3次元マニピュレーターとして多く利用されています。 sensableは、1993年よりHaptic Device(フォースフィードバックデバイス)PHANTOMシリーズ及び開発ツールキットを開発販売しております。sensableのコアとなるテクノロジーです。 PHANTOMと開発ツールキットを用いて、コンピューター内のデータを触ることを可能にします。 例えば・・・ 手術シミュレーション、3DCAD/CAM/CGソフト内での操作、ロボットアームのマニピュレーター操作など。。 手術シュミレーションとして包茎の治療に使われることも すべての操作においてPHANTOMを介して触覚をえながら作業を可能にします。

歯の白さは印象をよくする効果がある

初対面のときに貴方の歯が虫歯でボロボロ、抜け落ちていたとしたら。。。。
果たして相手は貴方を好意的な印象を持つでしょうか?


逆の立場で考えてみると答えはわかりますねw
歯の黄ばみやボロボロの人よりも歯の白い整っている人のほうが最初の印象はよいのは理解できるのではないでしょうか?


それほど歯というのは人の印象を左右する要因となっています、もちろん健康においても歯は大事な役割を担っており食べ物を噛み砕き消化を促進する役割には歯が必要となります。


歯が健康でないと食べ物の種類も限られてきて健康にも害を及ぼすことになります。健康に悪影響がでれば当然のことですが外見も病気を患ったために健康には見えない容姿になるケースもあります。


歯をケアすることで外見ではよい印象を、健康面では健やかな体を手に入れることができます。

歯の汚れや黄ばみを抑え白くする

ホワイトニングが人気の理由には虫歯や歯垢で汚れた歯や黄ばんだ歯を白くすることできる点が挙げられますが、実際にどのくらいにまで白くすることができるのか?


この点については理想とする白さにかなり近づけることが可能です。
白くするためにはホワイトニングの施術回数を増やす必要があるため回数の分だけ費用は高くなりますが回数を増やすことでより白い歯に近づきます。


回数を減らして白くするには歯が黄ばんでいない状態で施術を行うことですが、そのためには日頃から歯のケアを行うことが大事です。またホワイトニング後も自宅でホームホワイトニングと言われるケアをすることで白い歯を長く維持することができます。